潜在的な需要は抜群なビジネスモデル

ホワイトニング先進国と言われるアメリカではほとんどの人がホワイトニング経験者であり歯がきれいかどうか日本と比べてとても重要視されています。医療制度の違いから虫歯になると治療費がとても高額になってしまう背景もあると思いますが歯をどれだけ健康にきれいに保てるかとても関心が高いのです。
それに対し日本では健康的な歯を維持していくことに興味や関心度は高いものの実際にホワイトニング経験者は少なく、ホワイトニングに対するイメージではまだまだ敷居が高く、高額な印象を持っている人がほとんどのようです。

セルフホワイトニングのビジネスモデルの登場により、今までのホワイトニングのイメージを変えホワイトニングをもっと身近にそしてより多くの人に体験してもらうことにより今後のホワイトニング市場の成長が十分見込めると予想されます。

ホワイトニングへの興味グラフ

口腔に関する悩みグラフ

サービス導入のメリット

圧倒的な潜在需要

加盟店調査を行った結果80%以上の人がセルフホワイトニングに興味を持ちました

新規事業としての確立

信頼関係のある既存の顧客へアプローチできるためスムーズに新規事業を確立できる。

新規販路の拡大

新規追加事業として新たな顧客や紹介を増やし既存の事業への顧客取得にもつながる

少額投資の初期費用

ローリスク/ハイリターンのパッケージを作成を目指し店舗様の利益を追求します

省スペースでの導入が可能

ホワイトニングマシーンはキャスターが付いており空きスペース1坪程度で導入が可能です

安全なホワイトニングが身近に

セルフホワイトニングは研磨や漂白をしないため歯を傷めずに気軽にホワイトニング出来ます

短時間での施術が可能

初回のみ説明10分、8分照射×2回の施術で高回転率を可能にし、お客様も待ち疲れません

スタッフ増員が不要

セルフホワイトニングは初回の説明以外はお客様自身が施術するため新たな人件費は不要です

TV・雑誌等での話題性

Ray・JJ・ViVi・anan・non-no等の雑誌やTVのニュース・バライティーでも取り上げられています

資格や技術が不要

お客様ご自身の施術のため資格や技術が不要であり、医療行為にも当たりません

幅広い拡張性

リピート顧客が増えることにより歯のホームケア用品の販売にもつながります

安心なサポート体制

マシーンは永久保証で、PL保険にも加入し万が一の顧客のトラブルにも対応

専門的な強み

マシーンは機器メーカーから、ホワイトニング溶液は美容メーカーからのご提供